当サイトはWordPressテーマ「SWELL」を使用しています 「SWELL」についてはこちら

「1分で話せ」文章や言葉で伝える力を向上させるおすすめの本【要約】

のアイコン画像

「1分で話せ」ってどんな内容なの?どんな人に向いてるの?

という疑問に即して、「1分で話せ」を紹介します。

「短く伝える力」は重要です。「短く伝える力」を高めることが自分自身の評価を高めることにつながるからです。例えば、営業の場面では商品の魅力を簡潔に伝えた方がよく伝わりますし、社内の会議では意見を端的に主張した方が採用されやすくなります。自分自身の評価を高めるためにも「短く伝える力」は重要なスキルなのです。

「1分で話せ」を読めば、「短く伝える力」を体系的に学べます。会社での営業や会議の場面、ツイッターやブログなどの文章を書く場面で、伝えたいことを簡潔に伝えられる力が身につきます。

目次

「1分で話せ」【要約】

「1分で話せ」は、大事なことだけをシンプルに伝える技術を体系的にまとめた本です。

主に6つの解説パートと実践パートから構成されています。

「1分で話せ」の構成
  1. 「伝える」ための基本事項
  2. 1分で伝える〜左脳で理解するロジックを作る
  3. 相手を迷子にさせないために「スッキリ・カンタン」でいこう
  4. 1分でその気になってもらう〜右脳を刺激してイメージを想像させよう
  5. 1分で動いてもらう
  6. 伝え方のパターンを知っておこう
  7. 実践パート

「伝える」ための基本事項

「伝える」ための基本事項は、相手のことを知り、ゴールを定めることです。

相手は誰で、どんなことに興味があり、どの程度の理解力があるのか。相手を知って相手の立場になることで、伝え方や目指すべきゴールも変わってきます。「理解してもらう」ことがゴールではありません。

最終的には、相手を動かすことがゴールです。

1分で伝える〜左脳で理解するロジックを作る

左脳で理解してもらうために結論を先に述べ、根拠を並べる型を身につけます。

「私は〇〇と考えます。理由は3つです。1つ目は〇〇だから、2つ目は〇〇だから、3つ目は〇〇だからです。」というように根拠は3つあげ、論理的に破綻しないようロジカルに作ります。

前置きや不要な言葉を削り、反対意見への気遣いといった余計な表現は排除します。

相手を迷子にさせないために「スッキリ・カンタン」でいこう

「スッキリ・カンタン」を心掛けます。

グラフや図を使ってスッキリ直感的に理解できるようにします。言葉だけでは完全に理解することはできないからです。

使う言葉も中学生くらいがわかるようなカンタンな言葉を使うよう心掛けます。

1分でその気になってもらう〜右脳を刺激してイメージを想像させよう

その気になってもらうために右脳を刺激して想像力を働かせてもらいます。

人はイメージを想像することで感情が揺さぶられるからです。

写真や絵を使ったり、例え話を使ったりしてイメージしてもらいながら説明することで感情を揺さぶります。

時には「想像してみてください」とストレートにイメージしてもらうことも有効です。

1分で動いてもらう

1分で動いてもらうために話の全体を表現するキーワードを使います。

人は話の80%を聞いていなし、覚えていられないからです。たとえば、キャッチフレーズを使って超一言で包み込むと、相手は話を覚えてくれます。

最後に、相手を動かすためには、事前の根回しや事後のアフターフォローをします。手段は選ばないことが重要です。

伝え方のパターンを知っておこう

伝え方のパターン3つが紹介されています。

  • SDS法(Summary-Detail-Summary)
  • PREP法(Point-Reason-Example-Point)
  • PCSF法(Problem-Change-Solution-Future)

「1分で話せ」【おすすめしたい人】

「1分で話せ」をおすすめしたい人は以下のような人です。

「1分で話せ」をおすすめしたい人
  • 人と関わる機会の多い社会人
  • 言葉でモノを売る必要のある営業マン
  • 簡潔に文章で表現するツイッター利用者
  • 文章表現を使って読者の心を動かすブロガー

出世したい社会人、成績を上げたい営業マン、フォロワーを増やしたいツイッター利用者、稼ぎたいブロガーが読むべき本です。

なぜなら、「1分で話せ」では「言葉で伝えることの本質」と「言葉で伝えるための技術」を学ぶことができるからです。

例えば、出世を目指す多くの社会人は社内会議でわかりやすく発表しなければなりませんし、営業マンは言葉巧みに商品を売り込まなければなりません。インフルエンサーを目指すツイッター利用者は、たった140文字の短文の積み重ねでフォロワーを獲得しなければなりませんし、稼ぎたいブロガーは文章で人の心を動かさなければなりません。

つまり、「1分で話せ」は言葉や文章で成功したい人が読むべき本なのです。

「1分で話せ」【学んだことを活かす方法】

「1分で話せ」で学んだことを活かす方法は、読んだことをすぐ実践することです。

実践することで、伝えるための技術が磨かれて「1分で話す」習慣が身につくからです。

たとえば、「まず結論を話し、根拠を3つあげる」といった表現を普段から使ってみたり、「PREP法」で早速ツイートをしてみたり、といったことです。

学んだことを活かすためには、すぐに実践することが重要です。

ちなみに上記の表現も「PREP法」を用いています。

「1分で話せ」【まとめ】

「1分で話せ」は、「短く伝える力」を体系的に学べます。会社での営業や会議の場面、ツイッターやブログなどの文章を書く場面で、伝えたいことを簡潔に伝えられる力が身につきます。読みやすい本なので、ぜひ読んでみてください。

文字を読むこともおすすめですが、「話す」ということの特性上、読むよりも聴く方がよくインプットできます。Audibleで聴くこともで効果は倍増です。まだお使いでなければ無料で聞けますので、以下の記事もご覧のうえAudibleで聴いてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上場企業で17年間営業に携わっています。仕事もプライベートもどっちも大事。小学生の娘と男の子うさぎのパパ。資産運用、海外ドラマ、アクアリウムなど趣味がたくさん。頑張るサラリーマンを応援するための情報をお届けします。保有資格等=ファイナンシャルプランナー(CFP/AFP/2級FP技能士)TOEIC(690点)etc

目次
閉じる